無料ブログはココログ

amazon

  • サーチウィジェット

amazonセール

« またパンクした!LS-GLの電解コンデンサ | トップページ | GoodReader4のRemote Sync(同期)設定とWebDAV »

2015年3月10日 (火)

iPhone/iPadとPC(パソコン)間のファイル移動方法

iPhone/iPadを使っていて不自由に感じるのは「ファイルのやり取り」ではないだろうか?

AndroidのようにマイクロSDに書き出してと言う訳にもいかない。

他にいろいろな方法があるかと思うが、カメラロールの写真や動画を、PC(パソコン)と”やり取り”する方法を考えてみた。

1)iTunesを使ってファイル共有
2)メールに添付して送信
3)LINEやFacebook等のSNSを使う
4)AirDropを使う
5)Dropboxを使う
6)LighitningケーブルでUSB接続して転送
7)アプリ「Downloads」を使って転送
8)アプリ「iFiles」を使って転送
9)アプリ「GoodReader」を使う
10)アプリ「FileExplorer」を使う(私の場合は、これがメイン)

***********************************************************

1)iTunesを使ってファイル共有

Itunes12

PC(パソコン)にiTunesがインストールされていてLighitningケーブルが必要になる。

iTunesがインストールされた常用PCに限られる等、私的に使いにくいのでこれは却下。

アプリ内ファイルの転送にはこの方法が有効。

Awesome Note/2 データのバックアップをお忘れなく!

***********************************************************

2)メールに添付して送信

Mail_2

写真を数枚なら一番簡単な方法だが、枚数が多いとメール送信制限で送信出来ない。(auの場合3M)

上記の理由でビデオは無理と考えた方が良い。

4

カメラロールのアクションアイコンをタップ→ファイルを選択→「メールで送信」、目的に応じたファイルサイズを選択する。

***********************************************************

3)LINEやFacebook等のSNSを使う

Lf

LINEやFacebook等のSNSを使って写真・ビデオをやり取りすると、ファイルが自動的に縮小される。

画像を確認するだけなら問題なくても、拡大して表示したりプリントするには鮮明度が落ちる。

***********************************************************

4)AirDropを使う

Airdrop

iPhone5/iOS7以降でiOSデバイス同士またはMacOS(Yosemite必須)とならネットワークにログインしていなくてもAirDropが使える。(Wi-Fi/Bluetoothが必要、Windowsは不可)

接続に時間が掛かる事も多いが、接続してしまえば転送スピードは早い。

Air Dropを使ってデータ交換、あれ?相手が表示されない?

***********************************************************

5)Dropboxを使う

Dropbox

iPhone/iPad・PC(パソコン)ともDropboxをインストールし同一IDでログインすれば自動的に同期する。

また、Dropboxに保存したファイルへのリンクをメールでPC(パソコン)に送り、ブラウザからダウンロードする方法もある。

iPhone/iPadから転送したファイルのファイル名が撮影日になるので見易いが、転送スピードが遅いので時間がかかる。

iPhone/iPad(カメラロール)→PC、PC→iPhone/iPad(カメラロール)双方向の転送可。

双方がDropboxのアカウントを取得すれば、iOS→PCは勿論iOS→Androd/Android→iOS間の移動も出来る。

Drop01

複数ファイルを共有するためのフォルダを作る。

Dropboxの「ファイル」をタップ、右上の「・・・」から「フォルダを作成」をタップしてフォルダ名を入力して「作成」。

「・・・」から「ファイルを追加」をタップ。

Drop03

「写真」をタップしてカメラロール内の共有したいファイルを選択し「アップロード」をタップすれば先程作った共有フォルダにファイルがコピーされる。

Drop02

右上の「アクション」→「リンクを送信」をタップ。

Drop04

メールアプリから共有したい相手宛、リンクの入ったメールを送信する。

Drop06

相手が受信したメール内のリンクをタップすれば、Dropboxの共有したフォルダが表示。

Drop05

ファイルを表示して「アクション」→「画像を保存」をタップすれば、カメラロールにコピーされる。

Dropboxのフォルダに残ったファイルは、ストレージを圧迫しないよう削除した方が良いだろう。

Dropboxのカメラアップロードを使い、カメラロール内の写真とビデオをPC(パソコン)にバックアップする

***********************************************************

6)LighitningケーブルでUSB接続して転送

Light

iTunesがインストールされていなくても、LighitningケーブルさえあればOKだが、iPhone/iPad(カメラロール)→PCのみ。

3_2

LighitningケーブルでUSB接続すれば、Windows標準ドライバでカメラロールフォルダのみアクセス出来る。

iPhone/iPadのカメラロール→PCは可能だが、逆は不可。(エクスプローラから出来ても、iPhoneに表示されない。)

***********************************************************

7)アプリ「Downloads」を使って転送(Wi-Fiネットワーク必須)

Downloads

ブラウザを使ったWi-Fi転送を使うが、PC→iPhone/iPadのカメラロール、iPhone/iPadのアプリフォルダ→PCのみ。(カメラロール→PCは不可)

App StoreからDownloadsをインストール(Lite版はフォルダ内に保存可能なファイルは7個まで)

Down01

右下のギアマークから設定→Wi-Fi転送をON、下に表示されたIPアドレス(ポート:8080まで)をPCのブラウザのアドレス欄に入力してEnter。

Down03

DownloadsのFileフォルダ内のファイルが表示されている。

ファイルをクリックすればPCにダウンロード、「ファイルを選択」をクリックしてPC内のファイルを選択し「Upload」をクリックすればDownloadsのファイルフォルダにコピーされる。

Down02

ファイルフォルダ内の写真/ビデオをカメラロールにコピーするには、ファイル名右側の「i」アイコンをタップ。

Down04_3

「写真に追加」をタップする。

***********************************************************

8)アプリ「iFiles」を使って転送(Wi-Fiネットワーク必須)

Ifiles

iFilesでWindowsにアクセスするには、PC側からネットワークプレースの設定をするか、Wi-Fi共有をONにしてブラウザからのファイル操作になる。(下記「Sharing」参照)

MacもAFPからSMBに移行するらしいので、iFilesもSMBに対応してくれればWindowsでもより使い易くなる。

iPhone/iPad(カメラロール)→PC、PC→iPhone/iPad(カメラロール)双方向の転送可。

MacOSには「AFP」が使えるので、iPhone/iPadからの接続は簡単だ。(iPhone/iPad/MacPCネットワークに接続済)

MacOSにAFP接続

Ifiles01

MacOSのシステム環境設定→共有→コンピュータ名を控え、ファイル共有にチェック→オプションをクリック。

Ifiles02

SMB/AFPにチェックをして閉じる。

Ifiles03

iFilesのDashboardから「+」をタップ。

Ifiles04

「AFP」をタップ。

Ifiles05

Server欄に先程控えた名前、ポート548、Username欄にログインユーザー名、Password欄にログインパスワードを入力してDone。

Ifiles06

Dashboardに出来たAFPアイコンをタップすれば・・・・・。

Ifiles07

MacOSに接続完了、共有を許可したファイルにアクセス出来る。

Ifiles08

iPhone/iPadのカメラロール内の写真・ムービーをPCに転送するには、iFilesのHomeフォルダの「+」→「From Photos」をタップ、カメラロールのファイルにチェックを入れて「Import」をタップすればiFilesのHomeフォルダにファイルをコピーされる。

Ifiles09

Dashboard右下のギアアイコンをタップして「Sharing」がONになっているのを確認、下に表示されたIPアドレスをPCブラウザのアドレス欄に入力(ポート:8080まで)してEnterを叩けば、iFilesのHomeフォルダ内のファイルが表示される。

Ifiles10_2

下向きの矢印をクリックすればPCにダウンロード、「Create」をクリックしてPC内のファイルを選択して「upload」をクリックすればiFilesのHomeフォルダにアップロード出来る。

Ifiles11

Homeフォルダの写真・ビデオを表示して左下の送るアイコン→「Save to Photos」をタップすれば、カメラロールにコピーされる。

【iFiles 2】SMBに対応

Ifiles2

2016年7月に公開された”iFiles 2”で、ようやく「SMB」に対応した。

アイコンがまったく新しい物に変わったのでiFilesユーザーには違和感があるかもしれないが、Windowsユーザーにとっての障害は無くなった。

***********************************************************

9)アプリ「GoodReader」を使う(Wi-Fiネットワーク必須)

Good01

ファイル共有プロトコル「SMB」対応なので、ネットワーク内にあるデバイスとの接続・共有フォルダへのアクセスが簡単に出来る。

iPhone/iPad(カメラロール)→PC、PC→iPhone/iPad(カメラロール)双方向の転送可。

写真・動画のサムネイル表示は不可、ストリーミング再生は出来ないのでGoodReader内にダウンロードしてからの再生になる。

詳細は下記に記載。

GoodReader4を使ってiPhone/iPadカメラロール内の写真/ビデオを、PC(パソコン)にWi-Fi転送する方法。

MacOSにAFP接続するには、共有設定変更でiFilesでの手順に従ってAFP・SMBを有効にすれば良いが、SMBを使って接続する場合下に書いた「FileExplorer/注1」の作業が必要になる。

MacOSにAFP接続

Good01

GoodReaderの「My Documents」から「Connect」をタップ。

Good02

「Servers」→「AFP Server」をタップ。

Good03

URL- address欄に「afp://コンピュータ名」、Userには「ログインユーザー名」、Passwordには「ログインパスワード」を入力する。

コンピュータ名には、MacOSのシステム環境設定→共有の「コンピュータ名」右下の「編集」ボタンをクリックして表示される「ローカルホスト名」を入力(.localまで)する。

入力が済んだら「Add」をタップすればアイコンが作られる。

MacOSにSMB接続

上記手順途中で「SMB Server」をタップ。

Good04

Network address欄に「コンピュータ名」、Userには「ログインユーザー名」、Passwordには「ログインパスワード」を入力する。

***********************************************************

10)アプリ「FileExplorer」を使う(Wi-Fiネットワーク必須)

Fileex

こちらもファイル共有プロトコル「SMB」対応なので、ネットワーク内にあるデバイスとの接続・共有フォルダへのアクセスが簡単に出来る。

iPhone/iPad→PC(カメラロール)、PC→iPhone/iPad(カメラロール)双方向の転送可。

写真のサムネイル表示は可、動画のサムネイル表示は不可だが、ストリーミング再生(ダウンロードしないで再生)もカクつく事もなくスムースなので使い易い。

詳細は下記に記載。

ローカルネットワーク内デバイスに保存した写真のサムネイルが表示出来るFileExproler。

MacOSにSMB接続

注1)FileExplorerはMacOSにSMBを使って接続するので、iFilesの手順に書いた共有設定変更にプラスしてログインアカウントを有効にする必要がある。

5

システム環境設定→共有の「ファイル共有」にチェックを入れ「オプション」をクリックしてSMB・AFPにチェック。

ログインアカウントにチェック、設定変更の確認窓にログインパスワードを入力して閉じる。

Fex01

FileExplorerのホーム画面から「+」をタップ。

Fex02

「Mac OS X」をタップ。

Fex03

最下行に検索されたMacOSをタップ。

Fex04

「登録ユーザー」をタップ。

Fex05

MacOSのユーザーIDとログインパスワードを入力して「OK」。

Fex06

ホーム画面にMacOSのアイコンが出来るので、そのアイコンからアクセス可能になる。

« またパンクした!LS-GLの電解コンデンサ | トップページ | GoodReader4のRemote Sync(同期)設定とWebDAV »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

有料なんですが
一応こんな転送ソフトを使う方法もあるらしいので
補足しました。
他の情報参考にさせて頂きましたのでありがとうございます。

コメントありがとうございます。

いろいろな方法がありますので、それぞれの環境にあった使いやすい手段を
探して欲しいですね。

IPad からのMacへのSMB接続でPC側の設定が役に立ちました。ありがろうございます。生本

生本様、コメント公開が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
先程未公開のままなのに気付きました。

MacOSも毎年アップデートしますし、情報もWindowsのように多くは無いですね。
お役に立てて何よりです。

楽しいMacライフを!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568581/61229844

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone/iPadとPC(パソコン)間のファイル移動方法:

« またパンクした!LS-GLの電解コンデンサ | トップページ | GoodReader4のRemote Sync(同期)設定とWebDAV »