無料ブログはココログ

amazon

amazonセール

« ステップワゴンGF-RF1、ヘッドライトユニットを交換する | トップページ | iOS9.0.2で改善された不具合 »

2015年9月26日 (土)

iPhone機種交換時のバックアップと復元、手順と注意点!

Ip66s_2

機種交換時に旧機種から移行したい物と言えば、カメラロール内の写真とビデオ・連絡先・ミュージックだろう。

「LINE」のアカウントやゲームアプリのアカウントを引き継ぐには、それぞれのアプリ毎に手順が公開されているのでサイトをチェックしよう。

LINEアカウントを引き継ぐ方法(LINE公式ブログ)

「POKEMON GO」の場合、ログインに使用する「Googleアカウント」のID・パスワードが分かっていれば何もする必要はなく、新端末でログインすれば引き続きゲームが出来る。

各種サービスのログインにアプリによる「2段階認証」を使っていて、アプリからワンタイムパスワードを取得している人は、2段階認証を解除する方法を確認しておくこと。

アプリの種類によっては、iTunesからの復元(暗号化パスワードを設定)でもアカウントが戻らず、再設定が必要になる場合がある。

●iTunesをインストールしたPC(パソコン)がある場合(iTunesを使って移行)

1)旧機種をPC(パソコン)にUSB接続して、iTunesからPCにバックアップ
  (可能ならば旧機種を最新のiOSにアップデートしてからバックアップ)
2)新機種をPC(パソコン)にUSB接続して、iTunesから復元
3)キャリアメールの復元

これで完全な移行が出来る。(ミュージックを除く)

●iTunesをインストールしたPC(パソコン)が無い場合(iCloudを使って移行/Wi-Fiは必須)

1)iCloudバックアップをONにし、フォトライブラリを含めたバックアップに必要な容量が、iCloudの無料で使える5G以下ならば追加費用は発生しない

iCloudの容量が不足していると言う「Not Enough Storage」が表示されたら、iCloudの追加購入が必要になる(50Gまで月額¥130)

2)設定→iCloud→バックアップ→今すぐバックアップを作成をタップ
3)新機種を起動すると表示される「設定アシスタント」から復元
4)キャリアメールの復元

注)iPhone内の「ミュージック」について

1)旧iPhone内のミュージック→そのまま移行出来ないのでiTunesから再度インポート
2)AppleStoreで購入した楽曲→再度ダウンロード可能

旧iPhone内には有るけれど、iTunesには無い楽曲を移行したい場合には別の作業が必要になる。

以上が作業の概要、詳細は以下を参考に!

連絡先はiCloudに同期していれば良いが、iPhoneの連絡先に表示されている項目全てがiCloudと同期しているとは限らない。(特にauの場合は注意が必要)

iPhoneに表示されているからバックアップが取れているだろうと安心していると、痛い目を見るかも知れない。

旧iPhoneが手元に残ればまだ方法はあるが、初期化したり下取り等で処分してしまったら復元は不可能だ。

Icloud01

ブラウザからiCloudにログインして連絡先を開き、iPhoneの連絡先と一致していれば心配ない。

連絡先がiCloudと同期しているからと安心するのはまだ早い。

何らかの不具合(コンピュータの世界では非常に良くある)によって一部が消えたり、最悪全て消失しても誰も責任を取ってくれない。

バックアップの責任は自分にあるからだ。(数え切れない失敗をしたなぁ!)

バックアップ用アプリ「IS ContactsKit」を使ってバックアップしておけば万全になる。

IS ContactsKitは、iPhoneの連絡先に表示される全ての連絡先をバックアップする。

Contactkit

iPhone連絡先の確実なバックアップ方法

iPhoneの連絡先とiCloudの連絡先が一致していない場合、以下を参照して一致させる必要がある。

Contacts05

au版iPhone、連絡先がiCloudに同期出来ない現象

Line

《LINE》について

以前に使われていた「PINコード」は2016年02月に廃止された。

登録してあるEメールアドレスとパスワードを確認しておくこと。

Line

機種変更当日に移行元の機種で行うこと。(設定の有効期限24時間)

画面下の「・・・」→設定(ギアマーク)→アカウント引き継ぎ設定→アカウントを引き継ぐをONにする。

電話番号が変わらず、iTunesによるバックアップ(暗号化パスワード設定ON)から復元する場合は、何もしなくてもアカウントは移行できるが、トーク履歴は引き継がれないので注意。

LINEアカウントを引き継ぐ方法(LINE公式ブログ)

-----------------------------------------------------------

【iCloudバックアップを使う/Wi-Fi必須】※iCloudのアップグレード(有料)が必須

正確には、iPhoneのバックアップに必要な容量が、iCloudの無料で使える5Gを超える場合にアップグレードが必要になる。

※移行前に旧iPhoneのiOSは、最新バージョンにアップデートしておいた方が失敗が少ない。

それまで使っていたiPhoneがAppleIDとパスワードでiCloudにログインしていれば、iPhoneの設定→iCloudで表示される項目でONになっているデータが、アプリ内のデータも含めAppleのサーバーにバックアップされている。

初期設定では、設定→iCloud→ストレージを管理→このiPhoneと進み「すべてのAppを表示」で表示される全てのアプリがONになっているはずだ。

Icloud02

iCloudにログインしていれば、設定→iCloudの画面で、矢印の部分に名前とAppl ID(メールアドレス)が表示されている。

下にスクロールして、「バックアップ」の右に「オン」と表示があれば自動バックアップが有効になっている。

自動バックアップの動作条件は・・・・・。

1)電源がONになっている
2)Wi-Fiに接続している
3)画面がロックされている
4)ケーブルで電源に繋がっている
5)iCloudの容量が足りている

Icloud03

手動でバックアップするには、設定→iCloud→バックアップと進み、「今すぐバックアップを作成」をタップする。

Icloud04

設定→iCloud→容量→ストレージを管理→このiPhoneに表示される「最新のバックアップ」の日時が最新であることを確認する。

バックアップに含まれないのは・・・・・。

●クラウドにすでに保存されているデータ (連絡先、カレンダー、メモ、マイフォトストリーム、iCloud フォトライブラリなど) →これらは同期すれば問題ない。

●ほかのクラウドサービス (Gmail、Exchange メールなど) で保管されているデータ →元々iPhone内にデータが保存されていない。

●Apple Pay の情報と設定内容 →いわゆるApple版「おさいふケータイ」、そもそも端末情報は引き継ぐ必要がないのだろう。

●Touch ID の設定内容 →これも端末が変わるので引き継がず再度登録が必要。

●iTunes Store、App Store、または iBooks Store から直接入手したものではないコンテンツ (読み込んだ MP3、ビデオ、CD など) →これはiTunes内に楽曲があるはずなので復元後再度インポート。

借りてきたCDを間違ってiTunesから削除してしまったり、iPhone内にしか無い楽曲があってどうしても引き継ぎたい場合は、以下の作業が必要になる。

Itunes22

iPhoneからiPhoneへ音楽を移行するには?音楽取り出し&バックアップ

●iTunes in the Cloud および App Store のコンテンツ (すでに購入済みのコンテンツは、iTunes Store、App Store、または iBooks Store で取り扱い継続中であれば、タップして再ダウンロードできます。) →購入履歴はApple側で記憶しているので、復元後再度ダウンロード出来る。

※「iMessage」アプリ内のメッセージ履歴(SMS/MMS)はiPhone内に保存されているのでバックアップ対象になる。(保存期間は設定→メッセージ→メッセージ履歴から、「30日間/1年間/消去しない」から選択)

しかし、「Not Enough Storage」が表示される場合は、バックアップに必要な容量がiCloudの契約容量を超えていてバックアップが実行されていない。

多くの人は無料で使える5G契約だろうから、iPhoneのストレージ容量が最少の16Gだったとしても、「フォトライブラリ」をONにしてればオーバーしてしまうだろう。

iPhone内のデータを全てバックアップするには、iCloudストレージのアップグレード(50G/月額¥130~)が必要になる。

iCloudバックアップから復元するには・・・・・。

新しいiPhoneの電源をON。

「設定アシスタント」で、「デバイスを設定」を選択「バックアップから復元」をタップしてiCloud にサインインする。

「バックアップを選択」を開き、iCloud で使用可能なバックアップのリストから選択後実行。

アプリや写真・ビデオが順次ダウンロードされるが、所要時間はWi-Fiやネット回線の状況により左右される。

通常、iTunesによるバックアップ・復元より長い時間が必要になる。

iPhoneの復元が完了しても、キャリアメール設定(ezweb.ne.jp)は戻ってこない。

iTunesバックアップ文末のリンクを参考にして、プロファイルをダウンロード/インストールする。

----------------------------------------------------------

【iTunesバックアップを使う】※こちらを推奨

※移行前に旧iPhoneを最新のiOSにバージョンアップ、iTunesも最新にしておいた方が失敗が少ない。
(バックアップ時のメッセージに従えば良いが、旧iPhoneを以前のiOSで使いたい場合は別)

iTunes をインストールしたPC(パソコン)があれば一番簡単で確実なバックアップが作れる。

iTunesバックアップでは、前述したiCloudバックアップでの項目に加え以下のデータが対象外になるが・・・・・。

●アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ (これらのコンテンツをバックアップするには、iTunes でバックアップを暗号化する必要があります。) →バックアップ時「暗号化」にチェックを入れることでバックアップ対象になる。

暗号化することでiCloudバックアップと同様、ほぼ完璧なバックアップが出来る。

旧iPhoneのバックアップが出来れば、新しいiPhoneをiTunesに接続し「復元」をクリックするだけだ。

iCloudを使った復元作業同様、iPhoneの復元終了後、キャリアメール(ezweb.ne.jp)の復元も行う必要がある。

詳細は、下記「iPhone5からiPhone6へ、機種交換時のデータ移行・バックアップ・復元作業。au」記事の後半を参照。

Ip601

iPhone5からiPhone6へ、機種交換時のデータ移行・バックアップ・復元作業 au

Iphone5

au版iPhoneのバックアップと復元

----------------------------------------------------------

私のiPhone管理は・・・・・・。

▲iCloudバックアップは無料の5Gに収まるよう「フォトライブラリ」はOFF、使用頻度の高いアプリのみON

▲カメラロールの写真とビデオは、Windowsの「読み込み」を使ってPC(パソコン)へコピー

Iphone6

Windows Vista以降「画像とビデオの読み込み」を使って、iPhone/iPadからPCへ写真とビデオをコピーする。「このデバイス上に新しい画像やビデオが見つかりません」?

iPhoneで撮影した写真やビデオは全てPC(パソコン)にコピー、必要な物のみiPhoneに残す。

Fileex

PC(パソコン)からiPhoneのカメラロールに戻すには「FileExplorer」を使う。

ローカルネットワーク内デバイスに保存した写真のサムネイルが表示出来るFileExproler

▲数ヶ月毎にiTunes バックアップを実行

機種交換時の前に行うバックアップは、復元時に「このバックアップは壊れています」と言われないために、古いバックアップファイルを削除してから改めてバックアップを実行するようにしている。

« ステップワゴンGF-RF1、ヘッドライトユニットを交換する | トップページ | iOS9.0.2で改善された不具合 »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568581/62356177

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone機種交換時のバックアップと復元、手順と注意点!:

« ステップワゴンGF-RF1、ヘッドライトユニットを交換する | トップページ | iOS9.0.2で改善された不具合 »