無料ブログはココログ

amazon

amazonセール

« auIDの2段階認証と認証済端末の確認 | トップページ | VOSTRO200ST Win7ProをWindows10へアップグレード »

2016年5月 6日 (金)

Windows Homeユーザーには”net use”コマンドが便利

Ds04

ネットワークにNASを追加した場合、NASのログインパスワードをPC(パソコン)のログインパスワードと合わせれば、NASアクセス時にパスワードを求められることは無い。

Pro01

しかし、セキュリティー強化のためにNASのログインパスワードを強化(複雑化)すれば、PC(パソコン)起動時に長く複雑なパスワードを入力しなければならないし、定期的に変更するパスワードは年々長文になる傾向がある。

WindowsでもProfessionalならば、資格情報の管理からパスワードの管理が出来るので一度記憶させればパスワードを求められることは無いが、Homeの場合はそれが出来ない。

そんな時に便利なのが”net use”コマンド、テキストエディタでバッジファイルを作り、そのショートカットをスタートアップフォルダに入れればパスワード入力の手間が省ける。

Windows→アクセサリ→メモ帳を起動して・・・・・。

Ds42

基本的な書式は、

net use ドライブ名 \\コンピュータ名\共有名 /user:ドメイン名\ユーザID パスワード

ドライブを指定すると、エクスプローラにネットワークドライブとして表示される。

net use z: \\nas\share /user:taroh 123abc

ネットワーク名”nas”の”share”フォルダを、”z”ドライブとしてマウントし、ユーザー名”taroh”とパスワード”123abc”でログイン。

ネットワークドライブとしてマウントする必要がなければ、”z:”を削除する。

net use \\nas\share /user:taroh 123abc

全て半角英数字で記述するが、半角スペースを忘れずに。

Ds47

ファイル名を”login.bat”(任意)として保存する。

場所は何処でもかまわないが、誤って消す事のないようCドライブとした。

保存したファイルを右クリック→送る→ショートカットをデスクトップに作成、そのショートカットを選択して「ctrl+x」。

Ds48

スタートボタン→すべてのプログラム→スタートアップで右クリック→開く。

Ds49

スタートアップフォルダが開いたら「ctrl+v」で貼り付ければ終了。

PC(パソコン)起動時にバッジファイルが実行され、”z”ドライブとしてマウントされる。

起動時に、「ネットワークドライブに接続出来ません」のメッセージが表示される場合もあるが、そのまま放置すればマウントされるはずだ。

これでパスワードを複雑化したNASにワンクリックでアクセス出来る。

※メモ帳以外のテキストエディタでバッジファイルを作る際には、文字のエンコードに注意する必要がある。

« auIDの2段階認証と認証済端末の確認 | トップページ | VOSTRO200ST Win7ProをWindows10へアップグレード »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568581/63589666

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Homeユーザーには”net use”コマンドが便利:

« auIDの2段階認証と認証済端末の確認 | トップページ | VOSTRO200ST Win7ProをWindows10へアップグレード »