無料ブログはココログ

amazon

  • サーチウィジェット

amazonセール

« 鍵(穴)のメンテナンス用スプレー・潤滑剤 | トップページ

2018年1月13日 (土)

U型蛍光灯器具のLED化

Ful14w

新築から補修を重ねた自宅には、U型蛍光灯器具が5ヶ所使われている。

初期の形状は、まさしく”U”型だったし、価格も800円前後だったように思う。

光色も白色と電球色があり、街路灯→白色、トイレ→電球色と使い分けていた。

21xv0gn8o3l

途中から2本の円柱の横を繋ぐような形状に変化、光色も昼白色のみになり価格も上がってくる。

数年前には、Panasonicが製造を中止し、あるメーカーがストックした商品を販売を続けている状態になっていた。

これまで、価格は2,000円程度だったので数本購入し交換していたが、現在の価格は約5,000円。

いくらなんでも限界を超えている。

関連商品の欄に、U型蛍光灯の口金「GY10q」を、電球の口金「E26」に変換するアダプターが紹介されていた。

31ieuhcw6wl

LED電球も価格が下がり、密閉型器具にも対応するようになったので、これを使ってLED化すれば問題解決。

なのだが、器具に内蔵された安定器・グローランプの撤去など、器具の加工が必要になる。

2

このアダプターを使ってPanasonicのLED電球(電球色)を光らせる。

LED化は5個あるU型蛍光灯器具のうちトイレから始める。

01

この器具(HW6013)は点滅頻度の高いトイレ用として、グローランプではなく電子スターターが使われている。

20171231_110519

スイッチOFFを確認して、天井から器具を取り外す。

20171231_111647

GY10qソケットと、前後に安定器・電子スターターユニットが付いている。

03

試しにアダプターを嵌めてみると、器具の外装を止める金具にアダプターの出っ張りが当たり、ソケットが完全に入らないが、これは後で考える。

20171231_112300

右上が取り外した安定器、下が電子スターター、ケーブルはカットする。

20171231_113829

今回使用した圧着工具と撚線用圧着端子・クイックコネクター、電気配線は”いい加減”にやっつけると火災や漏電の危険があるので注意すること。

20171231_114435

撚線6本の処理が終わり、クイックコネクターでそれぞれ3本ずつまとめる。

GY10qソケットには5ヶ所の穴があるが、中心の穴の上2本と下2本をそれぞれ電源に繋ぐ。(上の写真参照)

どちらか1本を繋げばE26ソケットに給電出来るが、もう1本の絶縁処理が面倒なので2本ともクイックコネクターに差し込む。

20171231_114833

GY10qソケットの端子と後ろから出ているコードは、目視では間違えやすいのでテスター等で確認すること。

20171231_115321

配線処理完了。

20180107_111413

前の写真で確認した「ソケットが奥まで刺さらない」問題は、GY10qソケットを上に上げることで解決出来る。

ソケットは、下には下がらないようにはなっているが、上側はケーブルを固定することで行っている。

ケーブルの余裕を利用して、ソケットの下側にマイナスドライバーを入れて持ち上げればアダプターの端子との隙間が無くなる。

20171231_123358

アダプターの丸いソケットが入るため、外装カバーの加工が必要になる。

矢印の部分をヤスリで削る。右の金具も同様に加工する。(写真は加工後)

あとは、ケーブルの取り回しに注意して元通りにすれば完成だ。

PanasonicのLED電球は「5年保証」と書いてあった。

本当に5年間の寿命はあるのか?

LED電球を購入したら、保証書は忘れずに保管しておこう。

« 鍵(穴)のメンテナンス用スプレー・潤滑剤 | トップページ

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568581/66247841

この記事へのトラックバック一覧です: U型蛍光灯器具のLED化:

« 鍵(穴)のメンテナンス用スプレー・潤滑剤 | トップページ